ひさびさにリハビリへ。早くゴルフやランニング生活に戻りたい!

Maëlle_Caborderie
(Photo:Maëlle_Caborderie)

久しぶりに病院へ。43日ぶり。回復状況の報告と最近調子が悪いところを説明して、自主訓練の方法を教えてもらうのが目的。どうも左右の肩のバランスが悪い。肩と腕のジョイント部分が痛くてうまく肩を回せない。ひとしきりマッサージを受けて、ストレッチのやり方を教わった。

あと、行くと必ず計るのが握力。
だいぶよくなってるんじゃないかなあと期待しつつ「むぎゅーーーーっ」と。
結果は↓の通り。
右:16.5kg,左:8.5kg
ちなみに
右:14.9kg,左:6.4kg(2/12)
右:5.0kg,左:0.0kg(12/2)
約1ヶ月半で右は10%、左は33%のアップ率といったところ。
意外と回復が遅い(比較対象がないので何とも言えないのですが)。

ギラン・バレー症候群という病気を発症したのが4ヶ月半前。
足腰、体幹はホント良くなって、小一時間歩き回っても大丈夫だし、短い距離をかる〜く走ったりできるのに、腕力と握力はまだまだ小学生低学年並というのが現実。
リハビリテーション科の部長さんの話だと、私のようなオッサン男性がストレスなく仕事や日常をこなすには左右とも20kgは必要。右がもう少しか。。。
2/20に実に3ヶ月ぶりに自分の力でペットボトルのキャップを開けることができたときは自分でも驚くほど喜んだ。が、コンスタントにペットボトルのキャップが開くわけではない。
皿洗いをしようとすると左手でお皿やカップが支えきれない。
筋力が低下しているため、生活の中でのさまざまな場面で手が攣ったり、足が攣ったり、腹筋が攣ったりする。そういう不便さはまだまだ解消していない。

正直なところ、抱えている不便さは決して心地良いものではない(当たり前)。できることが増えてきたら今度は次の欲求が出てくるため、壁にぶつかってはストレスを感じる。あまり「鬱」は感じたことがないが、長引くとおかしくなるだろうなあなんて思ったりもする。ただ、焦っても仕方がないので、自分の中で目標設定し、その目標に向かって回復メニューをこなしていくしかない。

今の自分の目標は以下の3つ。

  1. 6月までにはゴルフに行けるようになる。
  2. 7月にはTシャツで外に出られるよう筋肉を回復させる。
  3. 12月か来年の1月にはハーフマラソンに出場する。

生理的欲求なのか自己実現なのかわからないが、これらの目標を達成することを今は目指してます。
家族や友人もそんな溌剌とした私を早く見たいはずだ!
という勝手な気持ちを強く思いながら前に進んで行きます。

ひさびさにリハビリへ。早くゴルフやランニング生活に戻りたい!” への2件のコメント

  1. わたしは4年半ほど前にギランバレー症候群を患いました。
    ご自身の理想にはまだ至っていないのかもしれませんが、どんどんと回復されているご様子が伺え、すばらしいですね。
    わたしもonisatoさん同様、さらに先を見据えて、日々の生活をつづけていきたいと思います。

    • ヒカリサスミチ管理人さん、ありがとうございます。私の場合、軽度だったこともあり、短期間ですぐに治るものだと思い込んでいましたが、甘かったですね。でも今は周囲の方の支えもあり、順調です。ありがたい毎日です。私に比べれば大変なご苦労をされているにも関わらず、激励のコメントありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です