腕時計はファッション、加熱するスマートウォッチの本命は腕時計メーカーであるべき

腕時計は家電製品ではなく「ファッションアイテム」。
ウェラブル端末の本命としてスマートウォッチ界隈が加熱してますが、何が出てこようが私はずっとそう思ってます。

携帯を持つようになり、めったに腕時計を着けることがなくなったのですが、それでも良い腕時計が欲しいなあといつも思ってますし、たまにお古のスピードマスターのネジを巻くこともあります。それは腕時計が自分の個性を表現するアイテムだと考えているからです。
そうは思っていても腕時計への関心はどんどん薄れていたのですが、数年前からウェラブルデバイス端末の話が出始め、メガネ、腕時計がその主役の座を射止めようとグイグイと業界を引っ張ってきました。その頃から見ていたデバイスとしてのスマートウォッチの世界はとにかくガジェット感満載で何もセクシーじゃない。これじゃあ要らない。そんなものばかりだった気がします。

そんな中、4月24日発売と発表されたApple Watch(アップルウォッチ)により、ウェラブルのド本命とされていたスマートウォッチは一気に加速し始めましたわけですが、なんとなくピンとこない。
Apple製品が好きな私も触手が動きません。まったくもってセクシーさがない。しかも満充電で18時間しかもたないバッテリー。仕様を詳しく見ていないのでバカなこと言いますが、寝るときに睡眠深度などを計測するなら着けて寝るわけですよね。そうするとバッテリーが少量だったら寝ている状態でアップルウォッチを着けた上にさらに充電ケーブルもコンセントとつながっているという状況があり得るんですね?(ホントかな)だとしたらもはや私は人間じゃなく管理されたロボットみたいな感じです。その姿はあまり見られたくない。

なんてことを思っていたら、先週、スウォッチがスマートウォッチを発表
おお!と思っていたら、スイス・バーゼルの時計見本市「バーゼル・ワールド」ではタグ・ホイヤーやブライトリングなどもスマートウォッチ参入を発表したではありませんか(日経電子版記事)。そうそう、餅は餅屋だよ。腕時計がいくらデジタル領域のプロダクトに進化していると言っても、身に着けてセクシーな腕時計は時計屋が作らないと!
デジカメもカメラメーカーのものが好きですし、やはりAppleが先進的とはいえ、時計メーカーの作るスマートウォッチのほうが気になります。週刊アスキーの記事読んでるとワクワクします。

これで腕時計市場がもっともっと活性化しますね。ホッとしましたし、買う気も起こってきました。
でも、自分があまり腕時計を身に着けなくなったせいか、腕時計市場は右肩下がりなんだろうなあと勝手に思ってたのですが、全然違ってましたね。矢野経済研究所の調査結果をみると。

参考までに貼っておきます。
国内時計市場に関する調査結果2014(PDFが開きます)

国内時計市場に関する調査結果(矢野経済研究所より転載)

国内時計市場に関する調査結果(矢野経済研究所より転載)

2月最初の日曜日はとてもやりきれない一日になった

年が明けたと思ったらあっという間に1月が終わり、2月が始まった。

来週から職場復帰しようと思っていたものの、諸事情により少し遅れそうなのも、自分の気持ちが↓となる原因ではあるが、何より最悪の結末となってしまったニュースが早朝から飛び込んできたもんだから、日本人として、いや、人間として何かやりきれない気持ちでいっぱいです。

地球上にはさまざまな国があり、領土がある。そこに暮らす人々にはそれぞれの考え方があって、治める思想やルールも異なる。領土内には資源があり、人類は生きるためにその資源を求め続ける。こんなに環境が異なると、紛争が起こるのはある種仕方がないとも思えるものの、やはり人が人を殺していいということはないはずです。

政府に対して批判している人がいるようですが、国家において最高レベルといえる緊急事態の中で政治家が私利私欲で動いているとは思えないし、極度の緊張と疲労の中で行われるタフなネゴシエーションは国民の想像を遥かに超えたところにあると思います。スーパーヒーローが現れて悪いヤツをやっつけ、世界平和が訪れます、チャンチャン。みたいなことはあり得ないわけで、誰も責められるものではないと思いますね。

月並みですが、今はただご冥福をお祈りするとともに、二度と起こらないようにするためにはどうするか、世界中で考えていくしかないと思います。

2月最初の朝はとてもやりきれない感情が渦巻くことになりましたが、気持ち切り替えて自分の生活をしていこうと考えさせられる機会になりました。

増え続ける老朽化デフレ物件、本当に需要はあるのか

London_mansion
中古物件もこういう素敵な感じならアリなんですけどねぇ(Photo:gdiazfor)

今年に入って首都圏郊外の激安物件の話題をよく目にします。都内で500万円以下で買える物件が多く出ているらしく、すさまじいデフレを感じますね。まあ人口減、少子高齢化社会なのに五輪見越して都内にはバンバン新築立っているわけだから当然、ちょっと郊外行けば物件余りになってくるのは火を見るより明らかです。

文字面で読んでるだけではどんな物件かわからないし、正直買う人なんているのかなあと漠然と考えていたのですが、最近はニュース番組や情報バラエティなどでも取り上げられているので、生の物件情報を見ることができました。

多くは都心から電車で60分前後あるいはもう少しかかる場所にあり、だいたい最寄り駅から徒歩20分以上とかバスで15分かかるところに立つ、築30年とか40年といった公団マンションが中心。価格は300万円台とかめちゃ安で100万円台なども!

確かにお買い得価格になっているのは間違いないのですが、問題は中身。住んでいた方がすでにリフォームされている場合もあるようですが、先日ニュース番組で紹介していた本厚木の物件などは、日当りはすごくいいし、眺望もいいのですが、お世辞にも良い状態とは言いがたいもの。壁が汚いし、水回りはいまどき見たことがないくらいの古い設備。ステンレスは錆び錆び。トイレもう〜ん、用を足したくない。。。そんな感じで、確か380万円くらいだったかと思いますが、住むならリフォームは必須でしょうねぇ。4階建てでエレベーター無しというのも安い理由のひとつ。

(別の物件をリフォーム代込み400万円台で)実際に買った方がインタビューに答えていましたが「一生住むとは思ってないので、この値段ならまあいいか」といったご様子。20年ローンで毎月の支払いは2万円強。ちょっと景気がよくてボーナス、バンバン!ともらったら割と早くに払い終われるような金額。
多様性には割と寛大な方だと思うので何も文句もないのですが、私個人としてはなかなか選択しづらい物件です。

こうした公団マンションにこれまで暮らしていた高齢化したオーナーたちはもう少し便利の良いところへどんどん引っ越していくでしょう。そのため、多くの空き室が出てくるでしょうね。そう思うと住むにはさびしく不安な気持ちが先行します。
無責任発言ですが、もしかしたらまだまだ下がっていくかもしれません。

実際にどのくらいニーズがあるのかわかりませんが、単にリフォームしただけでは駅から遠く、エレベーターがない寂しい町で暮らすというのは付加価値がなさすぎると思うのです。

都内でも趣味人向けマンションやシェアハウスがありますが、そうした付加価値をくっ付けて売り出すというのは難しいのでしょうか。敷地内に自由に使っていいアートスタジオがある、防音設備の音楽スタジオがある、ゴルフの打ちっ放しができるところがあるなどの趣味型マンション、一軒につき、家庭菜園スペースが付いてくる、作った野菜を買い取ってもらえる農業体験付きマンションなど、棟ごとそういうスタイルにしないといけないし、土地はあるのか、共益費は?などさまざまな課題はあると思うのですが。

あるいは、エネルギーがある若い人たち向けに何戸かを一斉に売り出し、マンション全体をカルチャーの発信場所として使ってもらう。いま地方でベンチャー立ち上げをやっている人たちがいますが、そういう需要喚起はないでしょうか。さびしくなりつつあるエリア全体の活性化になるのかもしれないですね。

都心でも老朽化したマンションのリノベーション物件で人気のあるものを多いと聞きます。郊外になると中高年以外がわざわざ(デフレ)物件を選びにくるというのはないでしょうから、ある程度若い世代に販売していくことになりますが、単なるリノベーションではなく、高付加価値ならぬ別次元の付加価値を考えていく必要があると思います。

今日1/31の日経にこんな記事がありました。
「東急ハンズと団地活性化 UR:収納用品使い大幅改修」
都市再生機構(UR)は東急ハンズと連携し、横浜金沢区の物件の活性化策に取り組むとのこと。築35年以上経過した賃貸物件にハンズ取り扱いの収納用品や机などを入れて大幅に改修。室内空間の利用方法を提案し、入居率向上を狙う。壁紙などは30パターンの中から入居者が選べる。

すでにアパレルブランドやインテリアメーカーがデベロッパーと協力し、ライフスタイル提案をするような新築物件がありますが、URとハンズのような取り組みなどもリノベーション方法のひとつとしてはおもしろいですね。郊外のリノベーション物件がポップカルチャー発信基地みたいになっていくと楽しいのですが。。