2016年を振り返る(みなさん、本年はありがとうございました)

i84vguygutq-mpho-mojapelo
[Photo by Mpho Mojapelo]

2016年も残すところあと2日。積み残しをいろいろ残しつつも業務を終え、なんとか今年が納まりました。

この一年は本当にいろんなことがあったので簡単に振り返っておきたいと思います。

何と言っても今年は大きな決断をしました。福岡メインの生活を辞め、数ヶ月の間、フリーになるか、もう一度サラリーマンになるかの選択に悩む日々がありました。多くの方と話し、相談に乗ってもらい、結果的にはもう一度サラリーマンの道を選んだわけですが、その数ヶ月間にやりたいことがちゃんと見えたことは良い回り道だったかもしれません。
その間、私の悩みを聴いてくれた友人たち、私の話が聴きたい、私の文章が読みたいと声をかけてくれた友人、知人がいたことにはもう感謝しかありません。
ご依頼いただいた案件のおかげで自分自身がもう一度、通販/ECについてちゃんと考える機会もできました。
そのおかげで自分はもう一度EC人への道を選んだと言っても過言ではありません。

11/15からリ・スタートしたばかりの新たな旅路は、自分自身初の実店舗を展開する小売業のEC事業です。単品通販から一気にすごい数のSKUを扱う世界に来ましたが、本質部分は変わらないと思っていますし、大切にすべきことも変わりません。思いのほか周囲からの期待値が高く、少々困惑気味ではありますが(笑)、この年になって怯んでいる場合でもないですし、自分が持っているすべてを捧げ、事業と人の成長の役に立ちたいと考えています。
ただ、大変多くの課題と直面していて、今時点ではとっ散らかっているのが現実です。年明け早々には整理して、進められるところからひとつずつ潰していきます。ただ、一人でやれるわけではなく、これまで以上に周りのみなさまに助けていただきながら進んでいかねばなりませんのでひとつよろしくお願いします。

さて、プライベートでは夏場に自由な時間を得られたため、これまで以上にジュニアの野球をサポートすることができました。
8月は朝早くから近所の等々力公園でジュニアとランニング、キャッチボール、ノックをし、汗を流しました。
週に何度かバッティングセンターに連れて行き、夜は素振りのチェックもしました。
おかげで少しは上手になりましたね。
しかしながら、チームとしては何一つタイトルが取れず、残念な一年でした。そんな中でも、元ヤクルトスワローズの宮本慎也選手主催の「宮本慎也杯」では決勝まで進み、宮本選手の野球教室を体験できるなど、楽しい少年野球生活だったと思います。

そうそう、12月には初フルマラソンに参戦しました。那覇マラソンです。
残念ながら中間地点で足切りにあい、無念のリタイア。
かなりの悔しさだったため、必ずやリベンジします。

さあ、2017年はどんな一年になりますかね。
むずかしいことはわかりませんが、否が応でも時計は進みます。
立ち止まってのんびりする時間はありませんね。
仕事、ランニング、ゴルフ、すべて全力投球で行きたいところです。

お世話になった皆さま、今年出会った新しい友人たちに感謝しつつ、年末モードに入らせていただきます。
今年一年お世話になりました。
2017年もよろしくお願い申し上げます。

大西 理

クリスマスの約束

adam_tarwacki

adam_tarwacki

みなさん、2016年12月24日(土)はいかがお過ごしでしょうか。
今年も残すところあと8日となってしまいました。

昨夜、クリスマス恒例の音楽番組「クリスマスの約束」をご覧になった方も多いことでしょう。しびれましたね。
毎年、この時期はこの番組を楽しみにしています。
この番組を見ていると音楽は世界を変えられるんじゃないかといつも思います。
「クリスマスの約束」は深夜にオンエアされます。昼間とかゴールデンに見るものじゃないですね。間違いなく深夜に見る、聴く音楽番組です。

今年の目玉は小田和正さん×宇多田ヒカルさんのコラボ。
・Automatic(宇多田ヒカル)
・花束を君に(宇多田ヒカル)
・たしかなこと(小田和正)
この3曲の選曲といい、二人の掛け合い、歌声、小田さんのギター、オーディエンスの人たちの感動した顔、頬を伝う涙。すべてを感じながらテレビの前でワナワナと震えてました。もっともっと聴いていたい、そんな気持ちで。
FNS歌謡祭の芸能人カラオケ大会的雰囲気とは次元の違う本物の味わいを感じることができた気がします。小田さんの年齢を感じさせない透き通った声と感性は宇多田ヒカルの天才さを真っ向から受け止め、十二分に引き出し、オーディエンスを巻き込んで「世界」を作ってましたね。あの場所で聴いてみたい。何年も前から思いつつ実現してないですが、いつかリアルに聴きたいです。最高のプレゼントをありがとう。

さて、クリスマスの約束といえば、この数年、我がジュニアとサンタさんとの間で取り交わされてきた「約束」が今年はありませんでした。
ええ、約束の元となる「サンタへの手紙」がなかったからです。
数日前から何度か本人に確認しましたが、本人からの返事は「欲しいものがない」の一点張り。

私は思ったのです。
「あ、サンタが父親だったということを知ってしまったんだな」と。
本人には聞いてませんが、たぶんそういうことじゃないかな。

でも、いちおう明日朝枕元に何気なくプレゼントを置いておこうと思ってます。
私なりのクリスマスの約束です。反応が楽しみですな。

では、皆さんも健やかな休日をお過ごしください。
Merry X’mas !

おふくろと過ごしたお盆休みに学んだこと、あらためて感じたこと

おばあちゃん

俗に言うお盆休みなるものが終わりました。
今年の夏は家族の予定が噛み合わず実家に帰省せず。
代わりにおふくろを実家から呼び寄せたのですが、特別なことは何もなく、ジュニア(孫)の試合や練習を見に行ったり、家族で外食したり、映画(シン・ゴジラ)を観に行ったり、近所を孫と二人で散歩したり、買い物したりと、日常からたいして離れることなく過ごしました。
おふくろが来たことでひとつ新鮮なことがあったのは、7年ぶりに従兄弟と再会できたこと。
一回り下の同じ午年生まれの38歳の従兄弟には13歳年下の奥さんと1月に生まれたばかりの男の子がいて、それはそれは幸せそうでした。
従兄弟とはLINEもFBもつながっていないのですが、彼は私をTwitterで検索し、私の近況を把握していたようです。時代ですね。

そんなお盆でしたが、あらためて親と過ごす時間とか親孝行について考えてしまいました。
高松という地方都市で一人暮らしをしているおふくろにとって、年に数度(お盆、正月、GWかどこか)、私たちと過ごす時間は何ものにも変えがたいものなのだということを特に意識するようになってきました、お互いにですが。
彼女は現在75歳。先日、目の手術をしましたがその際、立会い帰省していた私に「80まではなんとか一人でがんばるけど、その後は頼んだわね」と弱々しく言っていたのが頭から離れません。

京都の大学を出て、大阪で高校の教諭になり、ひょんなことから四国・高松に渡り、私を産み、父と別れ、ひとりで私を育て、中小企業の事務員から役員になり、今なお顧問として老害になりつつあることと葛藤しながらも後進を育てようとしているおふくろ。相変わらず政治や経済のことを話し出すと流暢に話すのですが、さすがに老いはやってきたなと思っています。一般生活では耳が遠くなってきて、カタカナに弱く(昔から)、勘所が悪くなったのか一歩ずつ遅れをとっている。Youtubeは知っているが「ユーチョーなんとか」みたいな表現です(郵貯かよ!)ハーレーを「ハーレム」と言い、ヤマダ電機を「山田屋」と呼び、丸亀製麺を「丸亀うどん」と言います。結構かわいいなと思ったりはしますがw

そんな彼女は結構チャレンジングです。7月に高校の同級生数名と富士山登山に挑み、無事成功しました。驚きです。富士山を登る体力をつけるために2年前から月一お遍路をスタートさせました。1,200kmを4年半かけて完歩する月一お遍路。こうしたチャレンジから足回りの筋肉が付いて足の格好がよくなってきたと本人は満足そう。
富士山登山が終わって、とたんにモチベーションが低下。お遍路も辞めようかと言ってたのですが、一時的ななんとかロスと同じなので、ここで諦めずお遍路だけは最後までやり切ろうよと説得しました。

この年まで事務方の仕事をしているため、パソコンはある程度使えます。エクセルやワードも使え、ネットで航空チケットを取り、旅行の予約をし、gmailを使い、写真を送ってくることもできます。

一昨日、おふくろはスマホやタブレットを触る私たちを見ながら「文明に汚染された人間だね。」と形容しました。
そして、こんな言葉が出てきました。
「スマホは興味があるけど、私はまだ要らない。」
「パソコンもネットも必要な時にちゃんと使えればいい。ほどほどでいい。」
「機械で本を読むぐらいならちゃんと印刷された活字を読みなさい。」
「メールもいいけどたまには写真や手紙ちょうだいね」
「美味しいものを食べたい気持ちは失わないでおこうね」

スマホ見ながらご飯食べて、味もわからずごちそうさまと乾いた言葉を出すだけなんて、人間じゃない。
マックやスタバにいる人たちを見てそう思った、と。
文明に汚染された人間になっちゃいかんよ、と言いたいのです。。

さて、そんな彼女と過ごすことができる残り時間について考えてみました。
少し前、ネットでも話題になっていたとおもいますが、計算式から出せます。
(親の残された寿命)×(1年間に会う日数)×(1日で一緒にいる時間)=親と会える残り時間

85歳まで生きるとして残り10年、1年に帰省などで会える日数が10日間、そのうち、睡眠時間を除いた時間の半分をいっしょに過ごすと考えて1日8時間。
10年×10日間×8時間=800時間(約33.3日)
つまり、1ヶ月強しか時間はないということです。
会社の同僚や友人たちと過ごす時間を考えるとの時間の短さには驚きます。

私にとってたった一人の母親。
その彼女と過ごせるのはあと1ヶ月。
そう考えると「親孝行、やりたい時分に親は無し」とか言ってる場合じゃないですね。

私のように親と離れて暮らす場合、できることは定期的な電話、手紙、メール、そして、カラダが動く間は年に1度くらい旅行にも連れていってあげたい。
なかなか構えてしまうとできないものですが、何か習慣化できるといいなと思っています。

私がおふくろを喜ばせるのにいいと思ったサービスは2つ。
親孝行、お届け便」、友人が立ち上げたサービスですが、スマホで撮った写真にメッセージを付けてカードとして贈ることができるものです。
私も使ってみて、おふくろから「楽しい写真をありがとう」と喜ばれてます。

そしてもう1つ。バラエティ番組などでも紹介されて若い子たちは特にほとんど知っていると思いますが、写真アプリ「SNOW」。この顔交換機能で親子の顔を入れ替える。
これ相当笑えます。うちのおふくろも私や孫と顔を入れ替えたのを見て、泣きながら笑ってました。
撮ったのをメールやLINEで送ってあげると実家でもゲラゲラ思い出し笑いが起こります。
このように簡単に使えて、家族がほっこりするようなサービスがもっともっと増えるといいなと思いますね。

最後に。
おふくろから今朝メールが届きました。
「本当にありがとう。あなたたちと過ごすのに特別なイベントなんか要らないわね。いっしょに時間を過ごすことができて本当楽しかった。たくさん笑わせてもらって元気が出ましたよ。 〜中略〜 私からは(あなたの今後について)何も聞きませんでしたが、苦労することを恐れる必要はなく、あなたが果敢に挑戦し、懸命に何事も為していくことができるよう祈っています」

親孝行しないといけないのにまだまだ心配かけてます。これが私の現実。
早く安心させないとなあ。身が引き締まります。

元気と勇気をもって、人を笑顔にするためにできること、探しますぞ。