仕事をする上で大切なことを調味料と同じように「さしすせそ」で考えてみる

write
料理の味つけを決める調味料の基本要素を「さしすせそ」で表すのを聞いたことがありますよね。若い人は知らないかもしれないのでまずはおさらいしておきましょう。

さ 砂糖
し 塩
す 酢
せ 醤油(せうゆ)
そ 味噌

昔からある表現ですが「せ」と「そ」は何となくこじつけに思えますよね。まあご愛嬌でしょう。
そしてあともう1つ。家事の「さしすせそ」もご紹介。

さ 裁縫
し 躾
す 炊事
せ 洗濯
そ 掃除

これはキレイにまとまってますね。私は洗濯と掃除ぐらいしかできませんが(笑)

では本題。
最近、自分自身の棚卸しをする機会があったので、上記のように私が仕事をする上で大切だと思っていることを「さしすせそ」にまとめてみました。

さ 差別化を究める
し 実行力
す スピード
せ 先入観を捨てる
そ 相場を知る

差別化を究める
これは自分自身にも自分がやっている仕事の内容や携わっているプロジェクトにも共通する考えです。ここでは「自分自身」を例にして書いてみます。自分自身の強みや弱みをきちんと分析し、理解する。他人と違うところはどこか、特に優れている点や他人には真似できない点はどこかを理解しましょう。それこそが組織やネットワークの中で自分自身を選んでもらえる動機になります。「自分には何もない」なんて思わず、探して究めていきましょう。

実行力
これはもう言わずもがなですが、敢えて言うと「やらないで後悔するよりやって後悔するほうがよい」ということです。考えるだけで行動しないなんてもってのほか。やった後は100倍身に付くと思います。

スピード
経営のスピード化、意思決定の高速化、グローバル時代に求められるスピード…
語られない日はないほど重要なファクター、それが「スピード」
与えられた仕事、自分がやるべきTo Doをとにかく早くやっつけるクセをつける。私は若い頃、せっかちな上司に恵まれたので、そこは鍛えられましたが、年を重ねるにつれて鈍感になってしまった気がします。良いアイデアが浮かんでも頭の中で温めているだけでは何の利益も生みません。もう一度初心に戻り、スピードを大切にしたいと思っています。

先入観を捨てる
言い換えれば「決めつけ」ないこと。レッテルなんかもこの類い。一度貼ってしまうとなかなか剥がせない。ただ、人間や事業は成長するので、過去に何かがあってタブーとなっていることでも、時代や環境が変われば、関係なくなるってこともあります。長いサラリーマン人生の中で私は何度か転職してますが、移ったところで新しい提案を試み、先入観という壁の前に屈してしまったことが何度かあります。人に関してもそう。「Aさんは○○だから」「Bくんは××な考え方だから」そう言って、過去にあった問題点ばかりその後何年も突っついて良いところを伸ばそうとしない上司とか人事部とか…(あまり言うとやばいw)
まあくだらないことにいつまでも縛られてないで先のことを考えましょうということです。

相場を知る
野菜や肉の値段、家賃、白物家電の市場価格、作業時間、システム改変にかかる納期、客単価、モノやコトにおいて「世間相場」というものが必ずある。私はこの相場感覚を身につけておくことはマーケティングを考える上で非常に大切だと考えています。いつもいつも目を光らせる必要はありませんが、通りかかった不動産屋の入口で家賃相場を見てみるとか、スーパーやコンビニでモノの値段を見てみるなど、ふだんの生活の中で訓練できることは多いと思いますね。

以上が私の考える「さしすせそ」
言葉遊びみたいなものなのでいくらでも考えられますね。
自分の棚卸しをする際にこういうことを考えておくのもネタのひとつとして良いものですよ。

チャレンジングな一年にするため仕事上で忘れずにいたい15のこと

 

businessman

サラリーマン人生も四半世紀を超えてきたが、今なお初歩的なことに気付いたり、後悔先に立たずということが多いもの。昨年、変化した環境の中であらためて感じたことや受けた教えをメモしていたのだが、中でもチャレンジングな年にするために忘れずにいたい15のことを残しておこう。ジャンルはバラバラ。言いたい放題ご容赦。

  1. 最高の魚と最高のシャリ、最高の包丁があるからといって、最高の寿司が握れるわけではない。最高の環境を持った工場と最高の機械設備があるからといって、売れる商品ができるわけでもない。そこには作り手の経験やノウハウが必要。
  2. 効率と予算ありきの商品作りに未来の消費は目を向けない。
  3. 「値打ち」があるかどうかは企業が決めるものではなく、買う側が決めること。
  4. 自分の課題を他人にとっても課題だと決めつけるのは危険。自分の課題を解決するにはまず相手の課題を先に潰してあげる。
  5. コミュニケーションのキモは目線合わせ。互いがどんな気持ちでどこに向かっているかという確認作業を怠らないこと。
  6. 人は当たり前だと思ってることほど軽んじてしまう。そして「抜け落ちる」。当たり前だと思われていることこそ、大事に扱いたい。
  7. 挨拶は大切。血が通った挨拶がどれだけ気持ちいいものか。人の心を動かし、気持ちよく日々を過ごすのに、挨拶ほど大切なものはない。
  8. チャンスって結構転がってるものだと思う。でもほとんどの人は気づかない。早く気づきたいもん勝ち。そこに価値がある。早く気づきたいもの。
  9. 感謝を忘れてはいけない。感謝を忘れている人は愛されることはない。プロジェクトがローンチしたとき、商談が成立したとき、仕事を辞めるとき、人生をたたむとき、感謝を伝える機会は星の数ほどあるが、ついつい忘れそうになるので、日頃から感謝は伝えるように心がけたい。
  10. ホウレンソウはポパイの勇気とパワーの源。報連相は仕事を円滑に進めるための潤滑油。
  11. 「勝ち」にまぐれはあるが、「負け」にまぐれはない。「負け」には必ず理由がある。
  12. 批判だけで終わってはいけない。必ず代替案を提示せよ。
  13. 話しているとき、相手のうなづきが多くなったらご用心。相手はきっと聞いてない。つまらないことを話していると自覚せよ。
  14. 会議では必ず意見を言うこと。言わずに決定したことを後で文句言うぐらいなら潔く辞めてしまおう。
  15. オプションを持つことをクセ付ける。選択肢がひとつしかなければ決まるものも決まらない。早く決定したければオプションを持つことだ。